やった!万博2025が大阪決定

トピックス

2018/11/24

どうもこんにちは。

 

 

 

 

2025年の万博が大阪で開催されることが決定しましたね!

 

 

2025年万博大阪で開催決定

 

 

関係者の皆様、大阪の皆様、

 

 

そして日本の皆様おめでとうございます!!

 

 

大阪での万博開催は55年ぶりだそうです。

 

 

そういえば浦沢直樹さんの「20世紀少年」で、

 

 

大阪万博の様子が描かれていました。

 

 

その時の大阪万博が前回、1970年だったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

さて、大阪のどこで開催されるかというと、

 

 

夢洲(ゆめしま)という場所です。

 

 

この場所は関西以外の方は聞き覚えが無い方も多いかと思います。

 

 

しかし、一部の方々の間では超有名な場所。

 

 

夢洲は、大阪北港の一角にある人工島です。

 

 

コンテナターミナルはありますが、

 

 

それ以外は広大な空き地が広がっているそうです。

 

(↑まだ行ったことがないので、ウィキペディア情報です。)

 

 

 

 

 

この広大な空き地が広がる未開拓の人工島が、

 

 

なぜ一部の方々の間で超有名なのでしょうか?

 

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

カジノ誘致(IR誘致)

 

で最有力の場所

 

 

 

 

だからです。

 

 

 

 

 

2018年7月、

 

 

カジノ法案と呼ばれる統合型リゾート(IR)実施法案が成立しました。

 

 

それによって、日本で3か所(上限)、

 

 

カジノ誘致が可能となりました。

 

 

その最有力地が、大阪の夢洲なのです。

 

 

これを見込んでかは知りませんが、

 

 

星野リゾートさんは、

 

 

大阪の新今宮に大規模な都市観光ホテルを建設予定です。

 

 

大阪の観光業界はますます盛り上がりそうですね!!

 

 

 

 

 

 

 

日本では訪日外国人観光客数が激増しています。

 

 

そんなインバウンド需要をいかに取り込むかで大きな差が出そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

当社は民泊・旅館業専門の不動産会社ですが、

 

 

この仕事をしていると時々こんなことを言われます。

 

 

 

 

 

「オリンピックまでは良いかもしれないけど、その後はねぇ。。」

 

 

「外国人旅行者は波があるから、売上が安定しないよねぇ。。」

 

 

 

 

 

確かにそういう面もあるかもしれません。

 

 

ただ、オリンピックだけが目的で、

 

 

日本に訪れている外国人にはあまり会ったことがありません。

 

(そもそもまだオリンピックは開催されていませんし。。)

 

 

 

 

 

観光庁やその他関係各所の方々が、

 

 

日本を海外にPRし、ビザ等の環境整備をしてくれたおかげで、

 

 

日本の魅力が世界に伝わり、訪日外国人数が増えたのだと思います。

 

 

そうだとすれば、2020年以降もしばらくは増え続けるのではないでしょうか。

 

 

もちろん未来のことなので分かりませんが、

 

 

ラグビー(2019年)、

 

オリンピック(2020年)、

 

カジノ(IR)、

 

万博(2025年)

 

と、大きなイベントが尽きない日本の観光業界は、

 

 

人口減少の影響が大きい不動産業界と比べると、とても魅力的に映ります。

 

 

 

 

 

 

 

民泊・旅館業専門の不動産会社リスタートジャパン
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏━━━┓
┃\_/┃  info@rj100.co.jp
┗━━━┛
┏┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
┏┌
┏┌ 民泊・旅館業を活用して収益アップをしたい方必見
┏┌ まんがで分かる!民泊投資をはじめるべき理由
┏┌ http://rj100.co.jp/lp