中国人が日本の不動産投資を好むワケ~その2~

トピックス

2019/06/16

日本の不動産投資家の皆様、こんにちは。

 

民泊/旅館業専門の不動産会社リスタートジャパンの佐々木です。

 

 

 

先日、「中国人が日本の不動産投資を好むワケ」として、

 

ネット記事をご紹介したわけですが、

 

そこには書かれていない「本当の理由」を楽待新聞が紹介していました。

 

その本当の理由とは、「投資移民」とのこと。

 

 

【楽待新聞】

https://www.rakumachi.jp/news/column/243948

 

 

 

「経営管理ビザ」と呼ばれる外国人が日本に住む際に使われるビザ取得を目的として、

 

不動産投資をしているというのです。

 

でも実はこれ、よく知られていることだったりします。

 

 

 

 

ただし、あまりにも横行すると規制がかかるもので。

 

経営管理ビザも次第に厳しくなってきたとの話をよく聞きます。

 

そのことは、楽待新聞でも紹介されており、

 

「1,000万円ぐらいの区分マンションではビザ取得が難しくなってきた」

 

というのです。

 

ただし、

 

「5,000万円以上の一棟マンションやビル、あるいは運営の重要度が高い簡易宿所(民泊含む)など」

 

なら、経営管理ビザの取得は今でも比較的取りやすいとのこと。

 

そういったニーズもあって、

 

京町屋を簡易宿所にコンバージョンした物件等が5,000万円超で中国人に売れていたのですね。

 

 

 

 

経営管理ビザの得意な専門家のご紹介もしておりますので、

 

興味のある方は下記までご連絡ください。

 

 

 

 

 

民泊・旅館業専門の不動産会社リスタートジャパン
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏━━━┓
┃\_/┃  info@rj100.co.jp
┗━━━┛
┏┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
┏┌
┏┌ 民泊・旅館業を活用して収益アップをしたい方必見
┏┌ まんがで分かる!民泊投資をはじめるべき理由
┏┌ http://rj100.co.jp/lp