違法民泊・闇民泊の撲滅は、180日規制の緩和で解決できる!

トピックス

2019/06/19

サラリーマン大家の皆様、こんにちは。

 

民泊/旅館業専門の不動産会社リスタートジャパンの佐々木です。

 

 

 

 

サラリーマン大家さんの100人中99人は見ていると言われる、

 

日本最大の不動産投資ポータルサイト「楽待」

 

その楽待のコラム「楽待新聞」でこんな記事が掲載されていました。

 

 

 

「違法民泊は最終局面、新法施行1年で収益は上がったか」

https://www.rakumachi.jp/news/column/244104?uiaid=sitx1hvigg&d=20190619

 

 

 

この中で民泊成功のカギとして以下の3点が紹介されていました。

 

1.間取り

2.立地

3.エリア環境

 

上記のことは非常に重要ですね。

 

間取りは、「ホテルと競合しない広さ」という点が重要ですし、

 

立地は、インバウンド需要のある立地にないと苦戦します。

 

エリア環境は、あまりに閑静な住宅街で民泊運営をすると、

 

近隣住民の方に不安を与えてしまいトラブルの原因となります。

 

 

 

 

また、違法民泊についても記載がありました。

 

現在の違法民泊の集客ツールは、海外の無料メッセージアプリを使うケースが多いようです。

 

そしてこのような闇民泊は、

 

他の真っ当に民泊を運営している物件が守っている180日規制を守っていません。

 

180日という日数制限を緩和について、検討しても良い時期にきているのかもしれませんね。

 

そうすれば、違法民泊をするインセンティブが無くなり、より健全な民泊物件が増えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

今回は日本最大の不動産投資ポータルサイト「楽待」の記事をご紹介しました。

 

民泊物件のポータルサイトと言えば、「民泊物件.com」

シェアハウスのポータルサイトと言えば、「ひつじ不動産」

 

一口に不動産と言っても、それぞれ全く違う分野に分かれています。

 

不動産投資家も、一棟物、区分、戸建賃貸、民泊、シェアハウス、駐車場など、

 

それぞれ得意な分野の不動産投資に偏りがちです。

 

各分野ごとにメリット・デメリットがあります。

 

まずは毛嫌いせず、知るところから始めてみるのが良いでしょう。

 

 

 

東京の民泊/旅館業への不動産投資をご検討なら、まずは当社にご相談ください。

 

不動産投資業界歴15年以上、自身の投資経験(失敗談も)も踏まえて分かりやすくご説明いたします。

 

 

 

 

民泊・旅館業専門の不動産会社リスタートジャパン
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏━━━┓
┃\_/┃  info@rj100.co.jp
┗━━━┛
┏┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
┏┌
┏┌ 民泊・旅館業を活用して収益アップをしたい方必見
┏┌ まんがで分かる!民泊投資をはじめるべき理由
┏┌ http://rj100.co.jp/lp