民泊は2020年の東京オリンピックまで

トピックス

2018/12/06

 

この記事は次の方々に向けて書かれたものです。

 

 


 

1.民泊は一過性のもので長続きしないと思う

 

2.2020年東京オリンピック後、訪日外国人は急減するかもしれない

 

3.なんとなく2020年の後は希望が持てない

 


 

 

 

どうもこんにちは。

 

「民泊/旅館業専門の不動産会社」リスタートジャパンの佐々木です。

 

 

 

民泊業界にいますと、本記事のタイトルにある通り、

 

「民泊は2020年の東京オリンピックまででしょ?」

 

と、いった趣旨のことをよく言われます。

 

特に、これまで長い付き合いのある不動産業界の方から言われます。

 

 

 

 

 

実際はどうなんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

2018年12月現在、年間の訪日外国人は約3,000万人です。

 

10年前、その数は4分の1で、800万人でした。

 

10年で、その数はなんと約4倍!!

 

なぜ、これほどまでに急増したのでしょうか?

 

2020年のオリンピックが東京に決まったからでしょうか?

 

いいえ。違います。

 

急増し始めたのは、オリンピックが決まった2013年よりも前からです。

 

http://rj100.co.jp/lp

 

 

 

 

では、一体何が原因でしょうか?

 

それは、観光庁をはじめ、官民一体となって海外に日本をPRしてきたから。

 

それは、ビザなどの規制緩和によって、来日のハードルを下げたから。

 

それは、日本が素晴らしい観光大国たるポテンシャルを持っているから。

 

 

 

等の理由に他なりません。

 

 

 

 

これは、オリンピックが終わった後に消えてしまうでしょうか?

 

 

 

 

いいえ、消えませんよね。

 

 

 

 

 

だから、私はオリンピック後も訪日外国人の数が急減するとは思いません。

 

イメージだけで決めてしまうと間違うこともあります。

 

 

 

ロジックで考え、期待値の高いところに分散してbetしていく。

 

 

 

 

そんなスタンスが、投資家としては大事だと思います。

 

 

 

民泊をポートフォリオの一つに加えてみませんか?

 

 

 

売買、賃貸、運営代行、コンサルティングなど、

 

 

 

民泊投資のあらゆるパターンであなたをサポートいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

民泊・旅館業専門の不動産会社リスタートジャパン
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏━━━┓
┃\_/┃  info@rj100.co.jp
┗━━━┛
┏┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
┏┌
┏┌ 民泊・旅館業を活用して収益アップをしたい方必見
┏┌ まんがで分かる!民泊投資をはじめるべき理由
┏┌ http://rj100.co.jp/lp